モータ式4輪駆動システム「e・4WD」の技術開発
2003
受賞技術開発賞
受賞理由福田光伸氏ら5名は、従来の4WDシステムでは実現が難しかった「廉価・小型・軽量」、「低燃費」「低μ路面での走りやすさ」、「FF車に近い室内空間」等の要求を実現するための、新しいコンセプトのモータ式四輪駆動システムを開発し実用化に成功した。
本システムは、従来4WDでは必須であった機械的動力伝達機構を廃止し、代わりにエンジンに取り付けたジェネレータの発電電力で後輸駆動用モータを直接駆動する電機的動力伝達機構を用いた新しい概念の4WDシステムである。コンパクトカーに採用した場合、従来の4WDと比較して大幅な軽量化、燃費向上、低μ路発進性能を可能としたばかりではなく 格段の新設部品数低減と開発投資削減をも実現した。
このシステムは小型高出力ジェネレータの開発、小型高トルクモータの開発、小型低フリクション減速機ユニットの開発、低μ路面での発進性改良のための制御技術開発など数多くの技術開発により実現されている。
本4WDシステム技術は、これからの自動車技術で重要となる「環境・安全・省資源経営」の流れに沿った革新的技術であり、今後の自動車業界での採用拡大も期待され、本賞に値する技術開発であると認められる。
関連文献
受賞者福田 光伸(日産自動車株式会社)
池田 貞文(日産自動車株式会社)
得能 英通(日産自動車株式会社)
谷合 和博(日産自動車株式会社)
中村 公尚(日産自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]