緊急ブレーキ感応型プリクラッシュ・シートベルト・システムの開発
2004
受賞技術開発賞
受賞理由戸畑氏ら5名は、衝突前に運転者が緊急ブレーキを踏んでいる割合が多いという事故分析に基づき、運転者の緊急ブレーキ操作より車両の危険な状況を判断し、シートベルトを巻き取るシステムを商品化した。万が一の衝突時には、シートベルトを巻き取った状態からエアバックなどが作動し、乗員の被害を軽減する。衝突しなかった場合は、シートベルトを巻き取る前の状態に戻り、安全性と快適性を両立させる。衝突前に乗員拘束装置を作動させるという従来にない機能を実現させるために、様々な状況下におけるブレーキ操作パターンの解析により、適切な判断を可能とした。さらに、緊急ブレーキ時に乗員の体を支持することによって乗員に安心感を提供するという新たな価値を提供するように商品化を行った。本システムは、衝突安全の新しい技術を提供するもので、基となった基本特許については、他社からの要請に基づいて一部使用許諾を行っており、自動車安全技術の発展向上に大きく貢献している。
関連文献
受賞者戸畑 秀夫(日産自動車株式会社)
Chinmoy Pal(日産自動車株式会社)
高木 英夫(日産自動車株式会社)
福田 俊一(日産自動車株式会社)
渡邊 康晴(日産自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]