プリクラッシュセーフティの開発
2004
受賞技術開発賞
受賞理由藤田氏ら5名は交通事故の原因が安全不確認等の認知遅れに起因しており、この認知遅れを支援する技術が事故低減に大きな効果を期待できることに着目し、周辺監視技術を応用した安全システム技術を開発した。
このシステムは一般のドライバーの運転操作では衝突を回避できない認知遅れを、電子スキャン型のミリ波レーダにVSCのセンサであるヨーレートセンサ、車速センサ、ステアリング角度センサ等を組み合わせてプリクラッシュセンサを構成し、衝突を予測して事前に安全デバイス(プリクラッシュシートベルト、プリクラッシュブレーキアシスト、プリクラッシュブレーキ、サスペンションコントロール)を作動させ、衝突の被害を軽減するシステムである。この先進安全システムを製品化し市販車に搭載したことで自動車の安全技術の発展向上に大きく貢献した。
関連文献
受賞者藤田 浩一(トヨタ自動車株式会社)
所 節夫(トヨタ自動車株式会社)
藤波 宏明(トヨタ自動車株式会社)
川崎 智哉(トヨタ自動車株式会社)
加藤 秀樹(トヨタ自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]