大型商用車用超低排出ガスディーゼルエンジンの開発
2004
受賞技術開発賞
受賞理由遠藤氏ら5名は大型商用車用ディーゼルエンジン排出ガスNOx、PMの同時低減に対し、PM捕集装置の実用化を主体とした技術を確立し、低排出ガス量産車として市場導入に成功した。ディーゼルエンジンのNOx、PMの同時大幅低減に対しては、早期からPM捕集装置の必要性が言われてきたが、特に使用条件、要求信頼性の厳しい大型商用車においての実現は困難であった。開発したシステムでは、コモンレール噴射系に高度な電子制御を付加し、各種実用条件を検証した上で、PMの捕集、再生を繰り返す連続使用可能なPMシステムの実用化を達成した。同時にNOxに対しては、高効率EGRクーラ、内部EGRの採用等により低減に成功している。これらの点で、本ディーゼルエンジンは、大型車ディーゼルエンジン技術発展向上に大きく貢献した。
関連文献
受賞者遠藤 真(日野自動車株式会社)
辻田 誠(日野自動車株式会社)
村松 俊克(日野自動車株式会社)
通阪 久貴(日野自動車株式会社)
細谷 満(日野自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]