エンジン技術、環境技術、自動車全般技術の向上発展に貢献
2005
受賞技術貢献賞
受賞理由花岡正紀氏はトヨタ自動車(株)で、深い洞察カとユニークな発想で環境・安全対応技術を織り込んだ車両を率先して市場に導入することに大きく貢献された。その後も、愛三工業(株)、富士通テン(株)に活動の場を移し、自動車産業を支える部品技術の基盤整備に貢献された。この間数多くの民間活動団体で主体的な役割を果たされている。(社)日本自動車工業会では、環境対策部会部会長として運輸省(当時)、環境庁(当時)と密接に連携しながら自動車に関わる環境問題の対策に大きく尽力された。顕著な貢献としては、自動車リサイクルの取組み環境の整備をあげることができる。(社)自動車技術会では、関西支部長として「環境・安全・IT・人間」をキーワードに支部活動の活性化を図り、社会と未来への貢献を促進された。
 氏の功績は、客観的な視点で環境・エネルギー・知的財産権・人間などの、自動車を取り巻く技術と社会の問題にいち早く着目し、所属する会社だけではなく民間活動団体を動かして問題を解決してきたことであり、その貢献は高く評価されている。
関連文献
受賞者花岡 正紀(富士通テン株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]