低コスト・高性能エキゾーストマニホールドの提供を可能にしたバナジウム鋳鉄の開発
2005
受賞技術開発賞
受賞理由鈴木延明氏ら4名は、高温強度と低コストを両立したバナジウム鋳鉄を開発し、自動車用エキゾーストマニホールドに適用した。鋳鉄はある意味、技術分野としては極められた分野として認識されており、排気システムに使用する鋳鉄についても技術者は、すでに存在する普通のフェライト系球状黒鉛鋳鉄か、高温耐久性を求められる場合にはオーステナイト系ニレジスト鋳鉄を使うというのが通念であった。受賞者らは、従来のハイシリコン鋳鉄に、マンガン、モリブデンに加えてバナジウムを適量添加することにより、固溶強化と析出強化を相乗させ、高温強度を上げるというアイデアを実現させた。ニレジスト鋳鉄に比べると圧倒的に安いコストで、環境対応などのために要求が強くなってきた排気マニホールド等の耐熱温度向上を実現した。耐熱性以外の性能も、鋳造性、切削性など、よく検討されており、着眼点のよいものづくりへの貢献として今後の展開が期待できる。
関連文献
受賞者鈴木 延明(スズキ株式会社)
石塚 哲(スズキ株式会社)
秋田 憲宏(アイシン高丘株式会社)
張 鐘植(アイシン高丘株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]