低速追従機能付きACC(アダプティブクルーズコントロール)の開発
2005
受賞技術開発賞
受賞理由瀬戸陽治氏ら5名は、低速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールを開発し、乗用車用に実用化、商品化した。この新しいシステムは、中高速走行時に使用する従来のシステムでは実現が不可能であった、渋滞時のような低速走行時においても、車速に応じて安全な車間距離を保ちながら追従走行する機能をもち、低速走行時におけるドライバーの加減速操作を支援することによって、運転操作負荷の軽減を実現したものである。
従来のシステムは、北米ではドライバーから好評を得ているが、米国とは異なる走行状況のわが国では、運転負荷軽減の効果を享受できる交通状況が少なく、充分な普及に至っていない。瀬戸氏らは、一般公道における大規模な走行テストを実施し、渋滞時のような低速走行時でも機能するアダプティブクルーズコントロールを開発、商品化した。このシステムの特長は、一般道での使用が可能であり、低速モードと中高速モードの間の切り替えが自動的に行われ、さらに割り込み車両に対しても継続して追従走行が可能である点にある。このような優れた特徴をもつアダプティブクルーズコントロールの開発に対して本賞を授賞するものである。
関連文献
受賞者瀬戸 陽治(日産自動車株式会社)
渡辺 隆行(日産自動車株式会社)
佐藤 行(日産自動車株式会社)
戸澤 正洋(日産自動車株式会社)
井田 崇之(日産自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]