四輪駆動力自在制御システムの開発
2005
受賞技術開発賞
受賞理由芝端康二氏ら5名は、四輪駆動車の高い駆動性能をベースに、旋回性能および安定性を極限まで高めるため、前後と左右の駆動力を自在に制御する四輪駆動システムを開発し、商品化した。これまでに駆動力の前後配分、または後輪駆動力を左右配分するシステムは考案・実用化されているが、前後と後輪左右の駆動力を両方とも自在に可変する機構は世界初である。この四輪駆動力自在制御システムは駆動の全域で制御を行ない、エンジンブレーキの状態も含めて旋回中の車両安定性を向上させている。このような運動性能と同時に安定性を向上させて運転の操作負担軽減をはかるという駆動装置は、今後の車両運動性能と安定性向上技術の有り方の一つと考えられる。また、これらの制御方法は受賞者等が過去に新しい操安性解析理論として考案提唱したβ-メソッド、ダイレクトヨーコントロール理論に基づくものであり、理論を具体化した新システムとしての価値も高い。以上のように、旋回時のライントレース性と安定性を飛躍的に向上し、運転操作の負担を低減し安心感を高める技術として、自動車技術の発展に寄与した。
関連文献
受賞者芝端 康二(株式会社本田技術研究所)
北村 克弘(株式会社本田技術研究所)
本多 健司(株式会社本田技術研究所)
大熊 信司(株式会社本田技術研究所)
森 淳(株式会社本田技術研究所)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]