アクティブステアリングを統合した車両運動制御システム
2006
受賞技術開発賞
受賞理由 従来のシステムにアクティブステアリング制御を付加して、更に性能を向上できる車両運動統合制御システムを開発、実用化した。本開発システムは運転操作(操舵)に対し、必要とされる状況下で自動的にステアリング制御を介入させるもので、独自の機構により運転者の感じる操舵フィーリング上の違和感を解決するとともに、故障時にも通常のステアリングと同様な機械的結合を確保することに成功した。本開発は自動車単独では成し得ない将来の道路インフラとの協調システム等による更なる事故予防システムの発展に大きく寄与する技術である。
受賞者佐久川 純(トヨタ自動車株式会社)
土屋 義明(トヨタ自動車株式会社)
小城 隆博(トヨタ自動車株式会社)
鈴村 将人(トヨタ自動車株式会社)
藤田 好隆(トヨタ自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]