エンジン・環境・情報通信技術ならびに社外団体活動を通じて自動車技術と社会に貢献
2006
受賞技術貢献賞
受賞理由 氏は、永年に亘り自動車関連各社において、様々な分野の自動車技術の発展に貢献してきた。乗用車メーカーにおいては、日本で初めて導入された排出ガス規制への適用技術の開発をリードするなど、クリーンで低燃費という自動車への市場ニーズを先取りしてきた。また、通信関連会社では長期的視野に立った自動車と通信の融合を積極的に推進し、触媒メーカーでは自動車用触媒の高性能化の路線を打ち出し、高性能三元触媒、新コンセプトのディーゼル触媒など多くの新製品を送り出した。さらに、自動車工業会、自動車技術会をはじめとする社外団体への活動にも積極的に参画し、社会との関連という側面から自動車技術の展開を支えるなど、エンジン・環境・情報通信分野における自動車技術の発展と社会貢献に関して顕著な功績を挙げた。
受賞者中川 哲(株式会社キャタラー)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]