上死点近傍燃料噴射による予混合ディーゼル燃焼コンセプト
2006
受賞論文賞
受賞理由 近年、ディーゼル機関のスモークとNOx排出量を同時に低減する燃焼方式として希薄予混合圧縮着火燃焼が注目され、多くの研究がなされてきた。この燃焼方式の実用化に際し、最も重要でしかも解決困難な課題は、いかにしてピストンが上死点にあるときまたは上死点通過後に着火燃焼が起こるようにするか、ということである。受賞者はこの最重要かつ困難な課題を研究テーマに選定し、その解決策として、直噴ディーゼル用多噴孔ノズルを介して燃料を上死点近傍にて高圧噴射する、という既存の装置で実現できる可能性を有した新しいコンセプトを提案している。また、燃焼と混合気形成について実験と計算機シミュレーションの両面から相互補完的に分析し、本コンセプトの特長を他のコンセプトとの比較も交えて説明し、その位置づけを明確にしている。このように本論文は低スモーク低NOx燃焼方式の実用化に関する価値ある研究論文である。
関連文献自動車技術会論文集 Vol.36,No.3
受賞者島﨑 直基(株式会社いすゞ中央研究所)
西村 輝一(株式会社いすゞ中央研究所)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]