燃料の組成がHCCIエンジンの燃焼特性に与える影響
2006
受賞論文賞
受賞理由 自動車用推進システムとして現在最も普及している吸気管内燃料噴射式火花点火ガソリンエンジンよりもはるかに高い熱効率および少ない窒素酸化物排出量を目指して、きわめて少量の燃料と空気からなる超希薄均質混合気を急速圧縮することにより高温・高圧状態とし、その内部で自発着火を誘起する新しい燃焼方式に基づく予混合圧縮自着火式ガソリンエンジンが提案されている。本研究は、上記新方式エンジンの燃焼現象に関するものであり、混合気の圧縮に伴い初期に現れる低温酸化反応およびその後に生じる高温酸化反応の発生時期ならびに発生熱量を算出し、それらに及ぼす燃料性状の影響を系統的にかつ広範囲に明らかにした。燃焼分野における学術の進展に貢献するばかりでなく高性能エンジンの実用化に際し有用となる多くの新しい知見を含む完成度の高い優秀な学術論文である。
関連文献自動車技術会論文集 Vol.36,No.3
受賞者柴田 元(新日本石油株式会社)
尾山 宏次(財団法人石油産業活性化センター)
漆原 友則(日産自動車株式会社)
仲野 剛(日産自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]