DME直噴ディーゼルエンジンのPM解析-化学分析によるSOF成分の評価-
2006
受賞浅原賞学術奨励賞
受賞理由 直噴ディーゼル機関用の次世代低公害燃料として期待されているDME(ジメチルエーテル)は化学式がCH3OCH3で分子中に酸素原子を含み、機関から排出される粒子状物質(英語名はParticulate Matter、PMと略称する。従来スモークや黒煙と呼ばれてきた可視性排出物を含む排気規制物質)がほぼゼロと言われてきた。本研究は厳しさを増す排出ガス規制に対して正確な情報を提供するという観点から、DMEを燃料とする直噴ディーゼル機関のPM排出特性を詳細に調べ、燃料以外に起因するPM生成を指摘して警鐘を鳴らしたものである。またDMEディーゼル機関特有の課題である燃料添加剤(燃料噴射系用の潤滑性向上剤)の影響も検討している。本研究を含む一連の研究は、DMEの噴霧・燃焼特性などの基礎研究から、機関性能・排気特性やDME自動車の開発と走行性能評価に至る応用・実用化研究までを含み、非常に有用なものである。
関連文献自動車技術会論文集 Vol.36,No.6
受賞者小熊 光晴(産業技術総合研究所)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]