エンジン用水素フリーDLCバルブリフター及び5W30GF4省燃費油の開発
2007
受賞技術開発賞
受賞理由 DLC(Diamond like Carbon の略。ダイヤモンドに似た性質をもつが結晶構造を持たない。)膜は、無潤滑状態および水環境下で摩擦が低く摩耗しにくい特性を持つため、いくつかの使用例が散見されるが、油潤滑下では効果がなかったためその利用は限られていた。一般的なDLC膜の生成は、メタンなどの炭化水素ガスをプラズマ状態にし、低圧では優先的に成長する黒鉛を水素によって除去する化学気相成長法であるため、必然的に水素を含有している。受賞者らは、先ず表面に水素があることが油潤滑では効果がないことを突き止め、次に水素のない状態の表面に吸着し易い添加剤を見出すことより油潤滑下で従来の約半分の低い摩擦係数を実現し、さらに摩耗の少ない膜の厚さを見出した。この新しいDLC膜をバルブリフターに適用し、新しいDLC用潤滑油により実機エンジンの燃費を約2%向上させた。
受賞者奥田 紗知子(日産自動車株式会社)
馬渕 豊(日産自動車株式会社)
和泉 博之(日産自動車株式会社)
早坂 宏樹(日産自動車株式会社)
出羽 孝洋(日産自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]