自動車用エンジン軸受の研究・開発によりエンジン性能の向上・発展に貢献
2007
受賞技術貢献賞
受賞理由 自動車の性能、信頼性向上に不可欠な要素である自動車用エンジンについては、不断の高機能化、高耐久性、軽量化等の追求が進められてきているが、自動車用軸受はその重要な要素部品として継続的に技術開発が進められ、自動車エンジンの技術進展を支えてきている。受賞者は、すべり軸受専門メーカーの技術者として30年以上の長きにわたりエンジンの高性能化を支える軸受の研究開発に従事し、多種の軸受用新材料の開発、軸受の性能評価手法の研究と実現等に多くの成果を挙げてきている。研究開発した軸受は多様なエンジンに採用され広く使用されるに至っており、自動車技術の向上、進歩に果たした貢献が高く評価される。また、これら業績は広く機械要素部品に係わるものとして日本機械学会や日本トライボロジー学会においても注目されており、国内外の研究者との幅広く積極的な交流を通じて研究開発への取組み活力を高める等、技術者の裾野の拡大にも高く寄与している。
受賞者田中 正(大同メタル工業株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]