EM Reduction by a Large Amount of EGR and Excessive Cooled Intake Gas in Diesel Engines
2007
受賞浅原賞学術奨励賞
受賞理由 燃焼そのものの改善によって低公害を目指す予混合圧縮着火エンジンは次世代エンジンとして期待されており、その燃焼制御法は先端的な研究開発対象である。受賞者はディーゼル燃料の噴射から噴霧形成、その後の着火燃焼に至る現象解明および計算機による数値予測が要であると考え、実際のエンジン運転条件において精度の高い計算解析を可能とした。それに基づいて大量の排気ガス再循環、吸気冷却および低圧縮比の組み合わせを最適化した実験を行い、比較的上死点に近い時期に燃料噴射することによって制御性の良い予混合圧縮着火燃焼を確立した。この成果は、受賞者がこれまで低公害ディーゼル燃焼について国内外の学会で公表した多くの研究結果が背景となっており、若き気鋭の研究開発技術者として自動車技術発展に更なる貢献が今後も期待できる。
受賞者志茂 大輔(マツダ株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]