電磁式自在バルブタイミング機構を備えたガソリン圧縮着火エンジンの研究~“気筒間EGR過給システム”による高負荷運転範囲拡大~
2007
受賞論文賞
受賞理由 ガソリンエンジンの高効率化と低NOx化を実現するための手段として、ターボチャージャーやス-パーチャージャーなどの外部過給装置を用いる方法がある。しかし、これらの方法には、実用的な運転範囲で狙い通りの性能が得られなかったり、駆動損失が生じて結果的に効率が下がったりするなどの課題がある。
 受賞者らは、気筒間をバルブ付のパイプでうまく連結し、そのバルブの開閉タイミングを工夫することによって、過給効果を実現し、さらに高効率低NOx燃焼が実現される運転範囲を拡大した。受賞者らの論文は、外部過給装置を使わない過給コンセプトを実際のエンジンを用いて実証した研究をまとめたものであり、自動車技術の発展に寄与する内容として論文賞受賞に値するものである。
受賞者高梨 淳一(株式会社本田技術研究所)
粟坂 守良(株式会社本田技術研究所)
柿沼 隆(株式会社本田技術研究所)
高沢 正信(株式会社本田技術研究所)
浦田 泰弘(株式会社本田技術研究所)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]