Analysis of a fuel liquid film thickness on the intake port and combustion chamber of a Port Fuel Injection Engine
2007
受賞浅原賞学術奨励賞
受賞理由 ガソリンエンジンにおいて冷間始動時に排出される未燃HCの低減は、排出ガス削減上きわめて重要な課題であり、エンジン内部の壁面へ付着した燃料の挙動解明は、課題解決へ向けた重要な研究テーマとして永年注目を集めてきた。こういった観点から受賞者はポート壁面および筒内各部の液膜厚さを計測する技術開発に取り組み、独自の改良を加えた計測法を開発し、エンジン各部の付着燃料の形成過程、壁面を流れる様子を吸気カム諸元と関連付けて解明することに成功した。本研究の成果は、今後の排出ガス削減へ向けてのエンジン諸元、制御手法最適化等への大いなる寄与が期待され、もって浅原賞学術奨励賞を授与するものである。
受賞者髙橋 幸宏(株式会社日本自動車部品総合研究所)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]