前後方向の接近に伴う危険状態評価に関する研究(第1報)
2008
受賞論文賞
受賞理由 交通事故データの分析からみると、追突事故は、まわりの危険状況をドライバが見落とした結果発生する場合が多い。本論文は、状況が危険かどうかを判断する指標として、前方車両への接近現象の中から「ドライバの目に映る大きさ(面積)が変化する速さ」に着目し、実際の事故発生時データと通常の安全な運転時実験データとの差を見分けることができることを示したものである。運転者がぼんやりしているときに、自動車に搭載した装置が前の車両への接近状況を自動的に見分け、人間の運転特性に合わせて、必要なときには警報を出して運転者に減速操作を促し、さらに危険が近付いたときには自動的にブレーキをかけるなど、追突事故を予防または被害を軽減するための運転支援装置開発に寄与する研究として高く評価される。
受賞者伊佐治 和美(株式会社デンソー)
津留 直彦(株式会社デンソー)
土居 俊一(香川大学)
和田 隆広(香川大学)
金子 弘 (株式会社三城)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]