発光・吸収計測による予混合圧縮着火燃焼の研究
2008
受賞浅原賞学術奨励賞
受賞理由 受賞者の研究は、燃料と吸入空気をエンジン燃焼室内で混合し、その混合気をピストンで圧縮して自着火させる燃焼方式に関するものである。この燃焼方式は予混合圧縮着火燃焼と呼ばれ、ガソリン、ディーゼルエンジンの両研究分野から高効率低公害のための燃焼技術として注目されてきた。しかし、その着火燃焼がどのように進むのかについてはまだ十分に解明されてはいない。受賞者は、着火燃焼中に起こる発光現象や、光の吸収現象を広い範囲の条件で詳細に計測解析している。これによって得られた一連の計測解析結果は、予混合圧縮着火燃焼の現象理解をより深める情報を与えたものであり、受賞者の今後のさらなる工夫や活躍が期待される。
受賞者飯島 晃良(日本大学)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]