燃料によるHCCIエンジンの運転性能改善に関する研究
2009
受賞論文賞
受賞理由自動車のエンジンには、ガソリン蒸気と空気を予め混合し、火花を飛ばして点火するガソリンエンジンと燃料と空気を高圧で圧縮し、高温にして自己着火させるディーゼルエンジンがある。前者には燃焼効率が低く、後者には低負荷時に排気ガスの窒素酸化物(NOx)が処理しにくいなどの欠点がある。HCCI(予混合圧縮自己着火)エンジンは、これらの問題を解決しようと開発中のエンジンで、予め希薄な燃料と空気を均一に混合し、これを圧縮して点火プラグを使わず自己着火させるもので、排気ガスがきれいで、燃焼効率も高いという特徴がある。しかし、低負荷までしか性能を発揮できず、燃焼性を表す適当な尺度がないなどの課題がある。受賞者は、各種純物の混合燃料で検討し、HCCIエンジンに適した燃料組成を提案し、運転領域を高負荷まで広げることに成功した。
受賞者柴田 元(新日本石油株式会社)
漆原 友則(日産自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]