2燃料成層自着火による高効率PCCI燃焼(第1報)
2009
受賞論文賞
受賞理由燃料と空気を予め混合し、ピストンの圧縮による温度上昇によって燃焼が自発的に起こる予混合圧縮着火エンジンは、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンに比べ、排ガスがクリーンであり、高い燃費を実現できる次世代エンジンとしてその実用化が期待されている。ところが、このエンジンでは燃焼の発生を制御できないため、高い負荷領域での運転が困難であり、実用化の障害となっていた。このような状況の中、本論文では、着火特性の異なるガソリンと軽油を燃料として用い、燃焼室内でそれぞれの混合気を層状に配置させることで、低負荷領域から高負荷領域までなめらかな運転が可能であることを実験的に明らかにした。今後の予混合圧縮着火エンジンの研究開発に貢献する研究である。
受賞者稲垣 和久(株式会社豊田中央研究所)
冬頭 孝之(株式会社豊田中央研究所)
西川 一明(株式会社豊田中央研究所)
中北 清己(株式会社豊田中央研究所)
阪田 一郎(トヨタ自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]