自動車用小型燃料電池スタックの開発
2009
受賞技術開発賞
受賞理由燃料電池車は、地球温暖化やエネルギー問題に対応するため、CO2や有害物質をいっさい排出しない究極の循環型クリーンカーとして期待されている。その進化の柱になるのが燃料電池スタックであり、水素と酸素の化学反応により化学エネルギーを電気エネルギーに直接変換する。固体高分子膜を、二つの電極層と拡散層で挟んで膜電極接合体を形成し、これをセパレータで挟んだ状態をセルという。一組の装置により発生する。このセルを積層体にしたのが、燃料電池スタックである。本開発では、高出力化と寒冷地での始動性改善のため、金属セパレータとアロマテック電解質膜という素材を採用するとともに構造革新という新たな領域に挑戦し、独創的なセル構造により性能向上と併せて飛躍的な軽量・コンパクト化を達成し、実用化に大きく貢献した。
受賞者齊藤 信広(株式会社本田技術研究所)
菊池 英明(株式会社本田技術研究所)
杉田 成利(株式会社本田技術研究所)
稲井 滋(株式会社本田技術研究所)
浅野 洋一(株式会社本田技術研究所)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]