自動車乗降時における骨盤周りの身体負担解析と負担評価モデルの構築
2009
受賞浅原学術奨励賞
受賞理由受賞者は自動車乗降時の人間行動を詳細に分析し、乗降動作を生体運動として捉えて解剖学的に把握して作成した人間の運動力学モデルを使って、乗降時の筋負担の傾向を簡易的に予測する手法を提案した。この提案手法は、従来は主に感覚的な評価が主体の乗降時の筋負担評価を、コンピュータを活用した人間中心の自動車設計に活用可能な高い実用性を示したことで、今後迎える高齢化社会やユーザの使いやすさ向上ニーズに応える技術である。従来の既成概念にとらわれない研究のアプローチ方法と研究内容は、自動車工学及び工業上にも大きな影響を与える研究成果である。自動車技術者として今後、この分野の発展に多くの活躍が期待される。
受賞者小竹 元基(東京大学大学院)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]