低燃費と走行安定性の開発、内装品やエンジン部品の開発で自動車技術と社会に貢献
2009
受賞技術貢献賞
受賞理由受賞者は、車体姿勢と走行安定性を確保する各種サスペンション開発を通じて、その後に続くシャシ技術の土台を築くとともに、小型エンジン用のマニュアルならびにオートマチックトランスアクスル(変速機+デファレンシャルギア)の開発などに大きな成果を挙げられた。さらに、シートフレーム構造の改善により車室内のスペースを確保しつつ車長を縮め、軽量化するなど、長期間にわたり一貫して車両の小形軽量化、燃費改善、運転しやすさ、乗り心地の向上に努め、自動車の基本性能向上のための車両技術開発に多大な貢献を果たした。
受賞者豊田 周平(トヨタ紡織株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]