世界初独立型トランスアクスル4WDシステムの開発
2009
受賞技術開発賞
受賞理由重量の大きいエンジンと変速機を車両の前後に分割配置し、それぞれのユニットをプロペラシャフトで結んだ独立型トランスアクスル4WDシステムを開発した。これにより4輪接地荷重バランスが適正化され、高速走行時の車両運動性能が極めて高くなり、さらにエンジン全回転域での振動騒音性能の大幅な向上を実現した。変速機部は高効率な手動変速機をベースにして、デュアルクラッチ式の自動変速機能を付与したものである。これは運転者の意思検知を用いた確実なプリシフトによる迅速で滑らかな変速、油量を適正化したドライサンプ潤滑、クラッチ構造と制御の適正化、合成油の採用と油温制御、油の片寄りに強いポンプなどにより構成されている。本システムの適用により運転の楽しさ、快適性、良好な燃費などにバランスの取れた車両を市場に提供できた。
受賞者谷合 和博(日産自動車株式会社)
奥村 拓洋(日産自動車株式会社)
岸 郷史(日産自動車株式会社)
杉立 晴彦(日産自動車株式会社)
片倉 丈嗣(日産自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]