酸素イオン伝導材を用いた高性能パティキュレート燃焼触媒の開発
2009
受賞技術開発賞
受賞理由地球温暖化を防止するために二酸化炭素の排出削減が急務であり、燃費の良いディーゼル車排出ガスのクリーン化が求められている。これには粒子状物質(PM)をいったんフィルタ(DPF)内に一定量捕集した後に、燃料噴射にて排出ガス温度を上昇させ燃焼する方式が広く採用されている。より短時間で効率よくPMを燃焼するために触媒、特に酸素放出能力のあるセリア系の触媒をコートしたDPFが使われている。受賞者は新規にジルコニア系の高酸素イオン伝導材料を用いたPM燃焼触媒を開発し、小型乗用車用に搭載、実用化した。同時に酸素同位体を用いた機能解明にも努め、国内外の学会でも公表してきた。技術開発と学術探究の両面において、ディーゼル自動車の新しい環境対策技術を構築した。
受賞者原田 浩一郎(マツダ株式会社)
山田 啓司(マツダ株式会社)
藤田 弘輝(マツダ株式会社)
岡本 謙治(マツダ株式会社)
高見 明秀(マツダ株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]