運転スタイルの指標化と追従運転行動
2009
受賞論文賞
受賞理由運転支援システムの開発では、ドライバの運転行動に適合した設計や安全よりの行動への改善効果の評価が重要である。効果を正当に評価するには、運転行動の個人差を考慮した結果解釈が必要である。受賞者らは、その課題解決に向けて運転行動の個人差を説明できる手法を提案すべく、個々のドライバの態度や志向・考え方という内面特性などが運転行動に大きく影響する「運転スタイル」を評価するチェックシートを開発し、その有用性を明らかにした。また追従運転場面で運転スタイルの尺度が操作・行動と適切な相関関係を持ち、車間距離の取り方が運転スタイルに影響することを統計的モデルにより、質的な妥当性も明らかにした。この研究成果はシステム設計やドライバ特性の基礎研究等で活用され始めており、運転支援システム開発に大きな貢献が期待できる。
受賞者石橋 基範(マツダ株式会社)
大桑 政幸(株式会社豊田中央研究所)
土居 俊一(香川大学)
赤松 幹之(独立行政法人産業技術総合研究所)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]