燃料噴霧およびその燃焼に関する基礎研究により内燃機関の発展に多大な貢献
2009
受賞学術貢献賞
受賞理由受賞者は、内燃機関の燃料噴霧とその燃焼に関する研究を継続し、内燃機関の発展に多大な貢献をした。さらに噴霧の挙動解明が機関性能の向上に直結するという研究方針を提示し、当該研究分野の発展に対して指導的役割を果たしてきた。ディーゼル機関については、燃料噴霧の挙動、蒸発時の液相と気相分布、壁面衝突噴霧の特性、燃焼の化学反応論的解析等を行った。この成果は実機の現象解釈に極めて有用である。また、数値計算コードに大規模渦モデルを組み込み、噴霧の成長・蒸発・燃焼過程の統一的予測を行い、上記研究方針の重要性を証明した。ガソリン機関については、渦巻き噴射弁の適用によるポート噴射の先駆をなし、吸気ポート内の噴霧挙動や壁面衝突による液膜厚さ測定法の提案を行い、ディーゼル機関の場合と同様、実機における現象解釈に多大な貢献をした。
受賞者藤本 元(同志社大学)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]