交差点での追突事故に関する人的要因の実験検討
2009
受賞浅原学術奨励賞
受賞理由自動車の運転シミュレータは多くの研究開発で使用されているが、加減速度などいくつかの問題があり実走行を完全に再現することは難しいのが現状である。本研究では、実験車両のボンネット上に大型ディスプレイを設置し、ディスプレイ画面に種々の危険画面を任意のタイミングで切り替えながら実走行実験する方法を考案し、これにより実際の運転中のドライバの対応行動を再現している。この論文では、この実験車両により交差点右折時の追突事故の加減速度と主観評価とから追突ニアミスについて考察し、先行車発進時の加速度が大きい場合は、後続車の追突リスクが増大するなどの結果を得ている。この考案された装置によりさらに多様な形態の事故解析の可能性が考えられ、この分野での活躍が期待される。
受賞者田川 傑(財団法人日本自動車研究所)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]