顔画像の観察分析に基づいた眠気表情の特徴を表す因子に関する研究
2010
受賞論文賞
受賞理由 運転中に眠気がおきると、運転に集中できなくなって事故を起こす危険性が高まる。そのため、運転中の眠気の研究は多く行なわれてきたが、眠気の程度を知るための重要な手掛かりが顔の表情である。これまでの研究では、訓練された観察者が顔の映像をみて、経験に基づいて主観的に眠気を判定していたが、これでは自動車に搭載することはできない。本論文は、この問題を解決するための研究である。顔画像から眠気の判断を画像認識で可能にするために、訓練された観察者が、顔のどのような情報を手掛かりとして眠気を判定しているかを詳細に分析して、その因子を抽出したものである.人が経験によって獲得したものを機械に置き換えることに着目した独創的かつ実用化に有用な研究である。
受賞者石田 健二(デンソー)
伊藤 晶子(デンソー)
木村 禎祐(デンソー)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]