貴金属使用量低減を可能とする超微細貴金属触媒技術の開発
2010
受賞技術開発賞
受賞理由 自動車用触媒にとって、使用する貴金属量の低減は最も重要な課題である。従来技術では高温下での貴金属の凝集を避けることができず、この現象によって性能が劣化することを前提に予め多量の貴金属を担持しておくことが一般的であった。これまでも貴金属との化学結合力が強い担持基材を用いることによって、貴金属の凝集を抑えることが試みられてきたが、本技術ではこれに担持基材の凝集を抑える仕切り材を加えることによって、貴金属の凝集を抑止する新しいコンセプトを採用し、それに成功している。アイデアの妥当性だけではなく、ナノレベルの構造を現実の物質として実現した高度な材料創生技術は高く評価できる。
受賞者中村 雅紀(日産自動車)
若松 広憲(日産自動車)
菅 克雄(日産自動車)
柴田 勝弘(日産自動車)
柴山 晴彦(日産自動車)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]