車対車の側面衝突時におけるコンパティビリティ性能に関する研究
2010
受賞論文賞
受賞理由 本論文は、前面衝突についで傷害発生頻度が高い側面衝突時(衝突車前面が被衝突車側面に衝突した場合)の衝突車前部構造による被衝突車乗員傷害低減に注目して、現在の側面衝突試験法であるMDB(Moving Deformable Barrier)や同一小型乗用車同士の側面衝突実験での被衝突車の変形や乗員傷害値の相違をベースに検討して、側面衝突コンパティビリティも前面衝突同様に衝突車前面構造と被衝突車側面構造のインタラクションや剛性・強度バランスの寄与度が高いことを計算シミュレーションを使って明らかにした。今後の側面衝突評価法研究へ与える影響や車両前部構造の具体的提案も有用であり、この研究は車両相互事故時の乗員被害低減に大きく貢献するものと期待される。
受賞者江村 雅彦(本田技術研究所)
滝澤 敏( 本田技術研究所)
樋口 英生(本田技術研究所)
岩部 竜男(本田技術研究所)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]