高性能リチウムイオン電池を搭載した、新世代電気自動車の開発・実用化
2010
受賞技術開発賞
受賞理由 地球温暖化防止や環境汚染防止、エネルギー多様化において、電気自動車の普及が期待されている。従来からの課題(重くて、耐久性が低く、充電時間が長いなど)を克服するために、大容量リチウムイオン電池を搭載した新世代電気自動車を開発、実用化した。リチウムイオン電池は、安全性や耐久性を高めた電極材料とセル構造を採用して、また、電池パックを金属ケースで保護して車外の床下に搭載することで高い安全性を確保した。走行中の電池残存容量推定や温度制御、セル間の電圧バラツキの制御、急速充電制御などのバッテリー管理システムの開発、小型・軽量の永久磁石式同期モーターの採用、これらを統合して車両全体を適正に管理するEVシステム制御の開発などを行い、安全性能や走行性能、耐久性、利便性、コストなどがバランスした小型電気自動車を実用化した。
受賞者吉田 裕明(三菱自動車工業)
岩男 明信(三菱自動車工業)
和田 憲一郎(三菱自動車工業)
戸塚 裕治(三菱自動車工業)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]