Development of PGM single nano catalyst technology
2010
受賞浅原賞学術奨励賞
受賞理由 排出ガス低減効果の大きい三元触媒は環境対応・CO2低減に欠くことのできない技術であるが、高価な希少資源である貴金属を利用する必要があり、その使用量を極力低減することが強く望まれている。受賞者はこの課題を解決するため貴金属のシングルナノ化技術に取り組み、触媒の熱劣化を抑制することで使用量の大幅な低減を実現した。さらに、触媒製造工程を工夫し、工業化における技術課題を克服して実用化に大きく貢献した。これらの触媒技術は汎用性が高く他用途の触媒にも展開可能であることから、各学術領域で注目を集めている。受賞者はこのように、基礎研究から実用化までを幅広く一貫して計画・実行することのできる技術者であり、今後とも自動車技術の発展への貢献が期待できる。
受賞者三好 誠治(マツダ)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]