プラグインハイブリッドシステム
2011
受賞技術開発賞
受賞理由 近年、エネルギーと環境問題の深刻化に伴い、モータや電池を使って減速時の運動エネルギーを回収する、低燃費・低排出ガスのハイブリッド車が普及拡大しつつある。走行時のCO2や有害ガスの排出ゼロ実現のために電気自動車が提案されているが、航続距離の短さや充電時間等、従来車の代替となるにはいまだ課題が山積している。このような背景の中、本プラグインハイブリッド車は、ハイブリッド車に小型・軽量のリチウムイオン電池と家庭用電源から充電する外部充電システムを搭載することで、電気駆動走行と航続距離の長いハイブリッド走行の両方が使え、従来のハイブリッド自動車をよりクリーンかつ高効率にした実用的な技術である。このような世界初のプラグインハイブリッド認定車を、日・米・欧で販売したことは同分野でのリーダー的役割を果たし、その価値は高く評価できる。
受賞者小松 雅行(トヨタ自動車株式会社)
伏木 俊介(トヨタ自動車株式会社)
泉 純太(トヨタ自動車株式会社)
光谷 典丈(トヨタ自動車株式会社)
高田 登志広(トヨタ自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]