歩行者ダミーによる膝部傷害予測手法に関する検討
2011
受賞論文賞
受賞理由 近年、乗車中乗員の死傷者数の減少傾向のなかで、車両対歩行者の事故傷害軽減技術の重要性がますます高まってきている。歩行者事故の負傷部位の大半は脚部である。後遺症の観点からは、特に膝のじん帯損傷の低減が重要で、車両衝突時に傷害を受ける可能性を定量的に評価することが課題となっていた。受賞者らが構築してきた人体忠実度の高い歩行者ダミー、および人体の膝関節をモデル化してシミュレーションを行い、これまでに公表された献体を用いた歩行者衝突実験との比較を行った。そして、膝のじん帯損傷については歩行者ダミーでの予測が可能であることを確認した。この成果は衝突安全における人体傷害評価の高度化において重要な知見を提供するものであり、自動車の対歩行者に対する安全性向上に大いに貢献する。
関連文献自動車技術会論文集Vol. 40 No. 6
受賞者高橋 裕公(株式会社 本田技術研究所)
岡元 雅義(株式会社 本田技術研究所)
秋山 朗彦(株式会社 本田技術研究所)
菊池 裕二(株式会社 本田技術研究所)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]