ガソリンHCCI機関における燃料特性と自己着火に関する検討(第1報)、(第2報
2011
受賞論文賞
受賞理由 ガソリン機関の高効率化を目指して、予混合圧縮自着火(HCCI)燃焼の実用化が期待されており、そのためには燃料成分によって異なる着火特性の解明が必要である。本論文では、HCCI燃焼と火花点火(SI)燃焼のノッキングという二つの自己着火に対する燃料成分の影響を解析した上で、RON(リサーチオクタン価)が同一で、成分の異なる燃料がHCCI燃焼の着火性に及ぼす影響を、詳細な実験と化学反応解析から明らかにした。その結果に基づき、市場ガソリンにも適用できる精度の高い自着火時期予測モデルを提案し、今後のHCCI燃焼の実用化に貢献した。また、高圧縮比のSI燃焼においては、上死点付近での熱発生によりノッキング限界を大きく悪化させずに出力向上の効果があることを示した。
関連文献自動車技術会論文集Vol. 40 No. 1, Vol. 41, No. 3
受賞者養祖 隆(マツダ株式会社)
山川 正尚(マツダ株式会社)
田中 重行(コスモ石油株式会社)
草鹿 仁(早稲田大学)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]