プローブ情報を活用したテレマティクスによる環境・安全技術の開発と実用化
2011
受賞技術開発賞
受賞理由 多数の車載ナビゲーションシステムに蓄積された走行情報(プローブ情報)を、道路情報取得の際に携帯通信網でセンターが受信蓄積し、それを処理して既存の道路交通情報システムを補い、広域で有効な即時性のある精度の高い情報としてドライバに提供する技術を世界に先駆けて実用化した。これをもとに、入手できなかった道路での複数の経路の区間所要時間情報の提供、出発時刻のアドバイス、最速ルート・省燃費ルート・経済ルート・ETC割引利用ルートなど目的別ルートの配信、など機能の充実向上を図り、一方では道路の潜在的危険ポイントを抽出して交通環境の改善を支援し、災害時の移動支援情報も提供している。この技術は、安全・低炭素社会の実現に大きく貢献しており、通信ナビ機器とEVの普及でさらなる発展が期待できる。
受賞者今井 武(本田技研工業株式会社)
新井 雅之(株式会社本田技術研究所)
野川 忠文(本田技研工業株式会社)
菅原 愛子(本田技研工業株式会社)
仙石 浩嗣(本田技研工業株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]