ガソリンエンジンのコンポーネント開発および燃料の規格化等への多大な寄与
2012
受賞浅原賞技術功労賞
受賞理由 受賞者は永年にわたりガソリンエンジンのコンポーネント開発や高効率 化の技術開発に従事し、新技術の製品化や技術発表を通じて自動車 技術の発展に寄与してきた。コンポーネントの開発では点火プラグの耐 久性や性能の大幅な向上のほか、熱効率の改善のため、イオン電流検 出によるプレイグニッションの回避や燃料面からノッキングの回避など に携わった。さらに、燃料や潤滑油の品質改善や規格化においても自 動車業界を代表して活動し、自動車工業会の燃料潤滑油部会長を務 めて、燃料に関する意見の提案、規格策定への協力などを行った。日 米欧の自動車工業会が協力してバイオ燃料規格の策定を行う活動にも 携わった。以上の活動は、自動車工業の発展と国際化に多大な寄与 を行うものである。
受賞者茂木 和久(トヨタ自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]