高性能電動パワートレインおよび高応答加速度制御技術の開発
2012
受賞技術開発賞
受賞理由 新開発された電気自動車は、航続距離が短い、充電時間が長いなどの従来からの課題を克服し、高電圧部 品の安全性や各国の使用環境下での信頼性を確保して、世界18カ国で販売された。電気自動車は、走行 中、CO2や有害ガスの排出がないという価値も高いが、一番の魅力は早い応答性とその加速性や静粛性に ある。本電動パワートレインは、埋め込み磁石型同期モータを採用し、応答性に優れる特長を活かしつつ、 捩れ振動系の問題やトルクリップル振動などの固有の課題を、制振制御技術を用いて抑え、優れた加速レ スポンスと滑らかな走りを可能にした。快適な運転性を実現できたのは、本技術によるところが大きく、電 気自動車分野の技術発展に大きく貢献した。
受賞者伊藤 健(日産自動車株式会社)
石川 茂明(日産自動車株式会社)
大久保 孝仁(日産自動車株式会社)
阿部 誠(日産自動車株式会社)
佐藤 義則(日産自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]