希少資源を低減できる耐熱性と低温活性を両立した貴金属シングルナノ粒子触媒の開発
2012
受賞技術開発賞
受賞理由 希少資源問題と環境問題の解決のため、少ない貴金属量で耐久性と低温浄化性に優れた高性能排ガス浄 化触媒が求められている。これまで、少ない貴金属量で貴金属や助触媒(セリア材)の耐熱性と低温活性を 両立する技術はなかった。本技術は、熱による貴金属粒子の粒成長をシングルナノレベルに抑制する技術 と、セリア材をナノレベルに微細化して保持する技術により新たな触媒材料構造を実現し、耐熱性と低温性 の両立を可能にした。本技術は、三元触媒だけでなくディーゼル用触媒にも適用できる汎用性をもち、希少 資源問題と環境問題の解決に大きく貢献できる工学的価値の高い優れた技術であり、今後の幅広い適用と 発展が期待できる。
受賞者岩国 秀治(マツダ株式会社)
赤峰 真明(マツダ株式会社)
住田 弘祐(マツダ株式会社)
重津 雅彦(マツダ株式会社)
高見 明秀(マツダ株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]