トライボロジー技術を通じたAT・ベルトCVT技術の進歩発展への貢献
2013
受賞技術貢献賞
受賞理由現在市販されている自動変速機(AT)ならびに金属ベルト式無段変速機(CVT)は、変速機に関わるメカニズムの解明、動力伝達の効率向上、構成要素の長寿命化などの多くの技術開発が投入され、自動車の燃費向上と走行性能の向上に寄与している。そのような多くの技術開発の中で、受賞者は動力を伝達する要素の間のトライボロジーの知識を通じて、ATにおけるクラッチの摩擦特性と耐熱性に関する技術開発、ならびにベルトCVTにおけるトルク伝達メカニズムの解明と設計基礎技術の確立に研鑽するとともに、産学協同国家プロジェクトの一つのテーマのリーダーとして活躍し、CVTの効率向上技術の確立に成果をあげた。これらの技術開発への取り組みと成果は、変速機技術の進歩発展に多大な貢献を果たした。
受賞者加藤 芳章(ジヤトコ株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]