ドライバ快適性と車両安定性を両立した前後輪操舵システムの開発
2013
受賞技術開発賞
受賞理由自動車の予防安全性の向上を目指した技術として、これまでに数多くの自動車メーカが前輪および後輪を操舵する制御システムを製品化してきた。しかし、ドライバにとってその車両挙動は、自らが行う操舵との間に違和感があり、広く普及するに至っていない。受賞者らは、ドライバが感じる旋回中の快適性を解析し、低速から高速に至る領域でドライバに違和感を与えることなく車両安定性を向上させることができるアクティブ前後輪操舵システムを開発した。本開発技術は予防安全性向上へ多大な貢献をした。
受賞者藤田 好隆(トヨタ自動車株式会社)
土屋 義明(トヨタ自動車株式会社)
廣瀬 太郎(トヨタ自動車株式会社)
宮崎 英敏(トヨタ自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]