ミニバン運転席への移乗と車いす収納が同時にできる装置の開発
2013
受賞技術開発賞
受賞理由運転席の座面が高いミニバンの場合、車いすを使用する障がい者が自ら運転できる福祉車両の設定が極めて少なく、要望は根強いものがある。今回開発された移乗補助装置は「座面高の高い運転席への移乗」と「車いすの車内への収納」が、平行リンク機構を用いて同時に行われる特長がある。非常に単純な構造でありながら、移乗を補助する「移乗シート」機能と、車いすを収納する「車いす収納ケージ」機能を上手に両立させており、低価格で提供できる可能性が高い。さらに、車体改造をせずに、ボルト締結のみで多種類のミニバンに装着できる汎用性も備えている。今後の幅広い車種対応と普及が期待できる点で、障がい者の要望に応えるものであり、その価値は高く評価される。
受賞者國嶋 孝史(トヨタ自動車東日本株式会社)
西原 浩次(トヨタ自動車東日本株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]