リチウムイオン二次電池を用いた減速エネルギー回生システムの開発
2014
受賞技術開発賞
受賞理由従来の自動車部品の変更を最小限にしつつ、燃費向上が図れるシステムを開発した。自動車の減速時の運動エネルギーを従来型のオルタネータにより電気に変換して電池に充電し、これを使いオルタネータの発電トルクを減少させ、エンジン負荷を少なくすることにより燃費向上が実現できた。従来から類似したシステムが提案されてきたが、従来の鉛蓄電池に近い電圧電流特性を有するリチウムイオン電池および従来型オルタネータの採用、半導体スイッチなどシンプルな構成で実現したことは、高く評価される。
受賞者片岡 準(スズキ株式会社)
淡川 拓郁(スズキ株式会社)
小島 洋幸(スズキ株式会社)
内山 雅仁(スズキ株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]