転舵角と操舵力を独立制御可能な操舵システムの開発
2014
受賞技術開発賞
受賞理由ステアリングの操作を電気信号に変えてタイヤを操舵するシステムは、機敏な応答と高度の安定性を実現できる可能性が高い。しかし、故障時の信頼性の確保と従来の操舵システムとの違和感を解消することが、量産車に適用する際の最も困難な課題であった。受賞者らは、電子システムの多重化による異常検知と、瞬時に作動するクラッチの連結機構を組み合わせることで信頼性を確保し、タイヤからの路面反力を演算し、適切な操舵力を与えることで違和感を解決し、世界初の実用化に成功した。予防安全技術の向上や将来の自動運転に貢献するものとして高く評価される。
受賞者久保川 範規(日産自動車株式会社)
楢崎 拓也(日産自動車株式会社)
蔡 佑文(日産自動車株式会社)
中山 大(日産自動車株式会社)
菅原 直人(日産自動車株式会社)

Automotive Engineers of Japan, Inc.    All rights reserved.


[ B A C K ]

[ C L O S E ]