spacer
境界線 大会TOP 境界線 自動車技術会TOP 境界線
開催概要 プログラム 開催までの流れ 講演の申込み・講演者へのご案内 聴講者へのご案内 会場のご案内
プログラム
大会プログラム
PDF大会プログラム(ファイナル)

<主な内容>
 ・会長挨拶
 ・タイムテーブル
 ・各イベントのご案内
 ・参加者へのご案内
 ・学術講演会プログラム

PAGE TOP
タイムテーブル (学術講演会 セッション一覧:講演アブストラクト)

タイムテーブル PDF1日目  PDF2日目  PDF3日目
 (総講演件数:449件)

各セッション部分をクリックすると、講演アブストラクトをご覧いただけます。

PAGE TOP
Summarized Paper 無料公開
学術講演会の英文講演概要集 "Summarized Paper" は、2013年春季大会よりウェブ上で無料公開となりました。
  1. 全文献 PDF (ファイル容量は80MB程度になります。ダウンロードはお時間に余裕のある場合にご利用下さい。)
  2. 1文献(上記の「タイムテーブル」PDFから該当のセッション⇒文献をクリックすると、サムネイルで表示されます。ダウンロードも可能です。)
PAGE TOP
フォーラムプログラム (聴講無料)
PDFフォーラムプログラム

下記フォーラムのみ聴講の場合は、事前参加登録は不要です。直接会場へお越し下さい。
※ ただし、フォーラム「14. 国際社会における自動車安全戦略と国際基準調和」に限り、事前の参加登録が
  必要です。参加登録は →こちら(受付窓口:日本自動車研究所サイト) からお申込みください。

※ テキスト価格は、大会会場で購入した場合の価格です。

◆フォーラム

  1. 更なるディーゼルイノベーションに向けて
    ―ディーゼルエンジンの熱効率向上に関する再考察―

    企 画:ディーゼル機関部門委員会 テキスト:3,000円(税込)
  2. 日本の交通事故自動通報システムは如何にあるべきか?
    企 画:交通事故傷害予測と予防・医療に関する検討委員会 テキスト:3,000円(税込)
  3. カー・ロボティクス ―自動運転の社会導入に向けての課題と展開―
    企 画:カー・ロボティクス調査研究委員会 テキスト:3,000円(税込)
  4. ひととクルマをつなげるマルチメディア
    企 画:マルチメディア部門委員会 テキスト:3,000円(税込)
  5. 2030年の社会・交通システムから見た次世代自動車の将来像
    企 画:次世代自動車エネルギー委員会 テキスト:3,000円(税込)
    講演資料: →「次世代自動車等の普及に向けて」 経済産業省 石井様
  6. 英国自動車フォーラム
    ―低炭素車両技術の導入におけるバリアに対する英国の取り組み―

    企 画:国際委員会/英国大使館 テキスト:3,000円(税込)
  7. 車体の最新技術(車体展示あり)
    企 画:構造形成技術部門委員会 テキスト:4,000円(税込)
  8. 安全・安心な交通空間のためのビッグデータとマイクロメディア
    企 画:将来の交通・安全委員会 テキスト:3,000円(税込)
  9. カー“ナビ”からカー“X”へ
    企 画:エレクトロニクス部門委員会 テキスト:3,000円(税込)
  10. 近未来のITS技術 -ITS世界会議東京でのショーケースデモより―
    企 画:ITS部門委員会 テキスト:3,000円(税込)
  11. PM2.5と自動車 ―PM2.5の大気環境影響を考える―
    企 画:大気環境技術・評価部門委員会 テキスト:3,000円(税込)
  12. 日本の乗用車用エンジン技術の優位性は維持できるか? 2014
    ―乗用車用エンジン研究会の活動と産学官の連携―

    企 画:乗用車用ディーゼルエンジン研究会・内燃機関共同研究推進委員会
     テキスト:3,000円(税込)
  13. 自動車材料の新たな可能性への挑戦
    企 画:材料部門委員会 テキスト:3,000円(税込)
  14. 国際社会における自動車安全戦略と国際基準調和
    ―第15回自動車安全シンポジウム(国土交通省共催)―

    企 画:将来の交通・安全委員会 テキスト:無料配布
    (※ フォーラム14のみ事前の参加登録が必要です。
     →こちら(受付窓口:日本自動車研究所サイト) からお申込みください。)
  15. 日中韓自動車フォーラム
    ―アジア新興国における自動車事情 ~アジアの先導者としての日本・中国・韓国―

    企 画:国際委員会 テキスト:3,000円(税込)
  16. 世界の「運ぶ」を支える!これが働くクルマのデザインだ!!
    ―人・物・夢、働く車のデザインレシピ―

    企 画:デザイン部門委員会 テキスト:3,000円(税込)

◆ モータスポーツフォーラム
      モータスポーツフォーラムの詳細は →こちら をご覧ください。
      企画 : 学術講演会運営委員会

PAGE TOP
PAGE TOP
個人情報の取り扱いについて リンク・著作権・ロゴについて 各種申請手続 COPYRIGHT (C) SOCIETY OF AUTOMOTIVE ENGINEERS OF JAPAN, INC. ALL RIGHTS RESERVED.