プログラム

大会プレプログラムを、2018年8月1日(水)公開しました。
▶2018年秋季大会プレプログラム(PDF)

行事名 参加登録/参加費 17日(水) 18日(木) 19日(金)
学術講演会 要/有料
※参加資格により参加費が異なります
Technical Review 不要/無料 - -
市民公開特別講演 不要/無料 - -
秋季大会パーティ(技術者交流会) 要/有料
※対象:会員
- -
第12回女性技術者交流会 要/無料
※対象:自動車業界に携わる女性技術者
- -
学生フォーミュラ車両展示 不要/無料
産学ポスターセッション 不要/無料
日時 10月17日(水)~19日(金)9:30~ 会議場各講演会場
タイムテーブル

各日の講演タイムテーブルをご覧いただけます。スケジュールは講演取下げ等により変更となる可能性があります。

日時 2018年10月18日(木)15:00~16:00 3号館 3階 国際会議室
講演タイトル 自動車の電動化に向けて~トヨタの動力用電池の開発と今後の展望~
講師 佐藤 広一 氏(トヨタ自動車株式会社)
司会 森吉 泰生 氏(学術講演会運営委員会委員長)
企画 学術講演会運営委員会
講演要旨 佐藤 広一 氏(トヨタ自動車株式会社)昨今、電気自動車(EV)を含むハイブリッド自動車(HV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)等の電動車の普及に際し、世界各国での開発競争が激化しており、その中で、キーテクノロジーとなる二次電池の開発も激化している。トヨタ自動車では、動力用の二次電池を搭載したプリウスを'97年に世の中に出し、その後もバッテリーと共に性能を進化させてきた。本講演では、トヨタ自動車における電動車用電池の開発のこれまでの歴史と今後の展望について述べる。

TOPに戻る▴

日時 2018年10月18日(木)16:15~17:15 3号館 3階 国際会議室
講演タイトル 大発見!日本人科学者がピラミッド4500年の謎に迫る!
講師 森島 邦博 氏(名古屋大学)
司会 西井 清治 氏(中部支部長)
企画 中部支部
講演要旨 森島 邦博 氏(名古屋大学)私たちは宇宙線に含まれるミューオンと呼ぶ非常に透過性が高い素粒子を利用して巨大な物体の内部を可視化する新技術「宇宙線イメージング」の開発を進めている。この最新技術を使って4500年前に建造された世界最大規模の石造建築物であるエジプトのクフ王のピラミッド内部に巨大な未知の空間を発見した。講演では、この研究の最前線に加えて今後の展望について紹介する。

TOPに戻る▴

準備中

会期 10月17日(水)~19日(金)
会場 名古屋国際会議場 白鳥ホール
申込 2018年6月27日(水)までに出展申込書に必要事項を記入のうえお申込みください。
出展の申込みは締め切りました。

TOPに戻る▴