>> 自動車技術会ホームページへ
>> 自動車技術会について
自動車技術会・プレスWEBサイト


2012年3月5日
PR-11016


2012年学生安全技術デザインコンペティション

国内決勝大会 開催報告・フォトレポート


公益社団法人 自動車技術会(会長 浜田昭雄)は、2012年2月28日(火)に、東京都千代田区の同会事務所を会場として、「2012年学生安全技術デザインコンペティション 国内決勝大会」を開催しました。

>> プレスリリース No.11015 2012年学生安全技術デザインコンペティション 国内決勝大会のご案内(2011.2.28発行)

本大会には東京大学、東京都市大学の2チームが参加しましたが、今回は最優秀賞の授与は無く、優秀賞がこれら2チームに贈られました。この2チームは、2013年に開催される国際大会(韓国にて開催)の予選にあたる日本地域大会の一次審査(書面審査)が免除されます。

以下、本大会の様々なシーンについて、時系列で写真と動画をまとめます。


【開会挨拶】


学生安全技術デザインコンペティション推進委員会 委員長 高橋 信彦氏(日産自動車)による開会挨拶。


【東京大学プレゼンテーション】
「自動車バッテリーを利用した自動体外式除細動器の開発」


東京大学の「チームはやと」によるプレゼンテーション。AEDを自動車に搭載することで、AEDの有効活用範囲を大幅に広げることが出来るというアイディアが紹介された。プレゼンテーションの時間は10分で、その後15分の質疑応答が行なわれる。


【東京都市大学プレゼンテーション】
「路面・車体部品衝突防止を目的とした歩行者保護拘束システム」


東京都市大学の「東京都市大学 MDK」によるプレゼンテーションの様子。ワゴン系車種と歩行者の交通事故が起こった際、歩行者と路面の2次的な衝突を防止するための新しいシステムが提案された。写真はCAEによるシミュレーション結果の紹介シーン。


【東京大学デモンストレーション】
「自動車バッテリーを利用した自動体外式除細動器の開発」


東京大学によるデモンストレーションの様子。本提案を有効に活用するために必須となる「車載AEDの位置検索」アプリケーションの動作画面が紹介された。


【東京都市大学デモンストレーション】
「路面・車体部品衝突防止を目的とした歩行者保護拘束システム」


東京都市大学によるデモンストレーションの様子。1/7スケールで製作された車体模型と歩行者ダミー模型を用いた衝突実験が行なわれた。
《動画》 衝突実験の動画


【講演会】
「ぶつからないクルマ」にどこまで近づいたか?「人」を中心に考えるHondaアクティブセーフティ


2チームによるプレゼンテーション、デモンストレーション終了後に、本田技術研究所の杉本 洋一氏による講演会が開催された。講演会では、本田技術研究所の今までの安全に対する取り組みや、人を中心として車・道路・社会が協調し、死傷者事故ゼロを目指すアプローチが紹介された。


【表彰式】
最優秀賞 … 該当無し / 優秀賞 … 東京大学、東京都市大学


講演会の終了後、表彰式が行なわれた。本大会では最優秀賞の授与は無く、参加した両チームに優秀賞が贈られた。写真は東京大学の「チームはやと」。


(以上)




設立趣意書 沿革 主な事業活動 情報開示 組織 歴代会長

〒102-0076 東京都千代田区五番町10-2 五番町センタービル5F
TEL: 03-3262-8211(代) FAX: 03-3261-2204 E-mail: press@jsae.or.jp

入会について : 03-3262-8213
講演申込みやイベント/シンポジウム参加について : 03-3262-8214
書籍等の購入について : 03-3262-8215
自動車規格について : 03-3262-8216